jリーグと水素水

水素水と筋肉疲労の関係

筑波大学研究チームの水素研究

筑波大学の研究チームは、現役サッカー選手10人を対象に試合前に水素水を飲んだ場合の筋肉疲労などについて血液検査などの臨床試験を行いましたので、その結果についてまとめています。

短時間の激しい運動中の筋肉の収縮は酸化ストレスを引き起こし、それが疲労の増加を含む過トレーニング症状の発生に関与し、筋肉の微小損傷または炎症を引き起こします。最近、水素は抗酸化物質として機能すると言われているため、急性運動に反応した酸化ストレスと筋肉疲労に対する水素リッチ水(HW)の効果を調査しました。

出展:筑波大学の研究チームの論文(2012年07月12日発表)

検証方法と水素摂取方法

検証は、普通の水と水素水を1週間の洗浄期間を設けた異なる期間で同じ選手に飲んでもらい、パフォーマンステストを行うというものです。

試合前日の22時に500mlの水素水を飲む
試合当日午前5時に500mlの水素水を飲む
試合開始直前の午前6時20分(試合の約10分前)に500mlを飲む

合計1,500mlの水素水(水素濃度は約1.0ppm)を飲んでもらい、試合に出てもらいました。
そして、科学的に検査を行いました。

20.9±1.3歳の10人の男性サッカー選手が運動テストと採血を受けました。各被験者は、クロスオーバー二重盲検法で2回検査されました。1週間間隔でHWまたはプラセボ水(PW)を与えられました。被験者は、最大酸素摂取量75%のサイクルエルゴメーター(VO2)を30分間使用し、その後、最大等速性膝伸展を100回繰り返して、ピークトルクと筋肉活動を測定するように要求されました。末梢血中の酸化ストレスマーカーとクレアチンキナーゼを順次測定しました。

筑波大学での水素と筋肉疲労の研究結果

※lactate=乳酸、PT=Changes in peak torque、MDF=Changes in median frequency、MPF=Changes in mean power frequency
※PW=placebo water(普通の水)、HW=hydrogen-rich(水素水)

結果は、スポーツをする前に水素水で水分補給をすると筋肉疲労が軽減され、疲れからくる運動パフォーマンスの低下が抑えら、疲れにくく持久力も向上したのです。水素水は、運動やスポーツパフォーマンスを向上する効果的な飲用水という事になります。

結果からの運動時の水素水の取り方

水素水と運動

運動する時に水素水を飲む場合は、少し多めに飲むことをおすすめします。(200ml~300ml)
水素水を多めに飲むことで遺伝子のスイッチが切り替わり、脂肪を燃やす酵素が体内に放出され、エネルギー代謝を活発にするホルモンも分泌されると言われています。

運動時でなければ、少しづつ、こまめに飲むのがオススメです。

まとめ

主に軽い運動やスポーツをするにも水素水はおすすめです。
有酸素運動をする前に水素水を飲むことで効率的に脂肪が燃焼しパフォーマンスは上がります

ウォーキングや散歩の時にも水素水は、オススメです。

水素水生成ボトル人気ランキング(水素生成器)

水素生成ボトルというのをご存知でしょうか? 500mlのペットボトルほどの大きさですが、水素水を手軽に作れる便利な装置です。 自分専用の水素水生成器としての利用や、外出先でも手軽に新鮮な水素水が作って ...

続きを見る

水素水の飲み方
水素の効果的な飲み方

水素水の飲み方に関して質問を受けることがありますので、ポイントをまとめます。 いいタイミングで水素水を飲む事で、効果倍増を狙いましょう。 水素を飲むタイミングは? 水素水生成器を購入して、水素水自体は ...

続きを見る

-スポーツ, 水素水

Copyright© 水素でアンチエイジング , 2020 All Rights Reserved.