パーキンソン病の予防 水素水

https://suiso.sugonavi.com

水素水でパーキンソン病を予防と改善

水素水がパーキンソン病の予防や改善に効果があるという臨床研究からの報告が多数あります。

パーキンソン病の発症率は10万人あたり150人くらいで、50代~60代の人の発症が多い病気です。
今後、高齢化社会になると発症率の増加が懸念されます。

パーキンソン病の原因については、まだまだ解明されていないことが多いのですが、水素による治療は画期的な方法となるかもしれません。

パーキンソン病とは?

パーキンソン病 ドーパミン

パーキンソン病は、手足の震えや筋肉のこわばりなど、運動機能に障害が現れる病気です。
「手足が震える」「動作が遅くなる」といった自覚症状が出たら、パーキンソン病の兆候を疑うべきです。

症状は、体の片側から出始め、しだいに反対側にゆっくりと広がっていくという特徴があります。
パーキンソン病になると運動障害が現れるため、最終的には寝たきりになってしまう人もいます。

パーキンソン病は、大脳基底核に接続している中脳黒質のドーパミン神経細胞に、細胞内封入体が蓄積することで、ドーパミンが減少し発病すると考えられている神経変性疾患です。

中脳黒質の変性、脱落の原因のひとつに、活性酸素の細胞破壊(=酸化)が有力と考えられています。

具体的な症状

  • 手足の震え

    初期症状の中で代表的なのが手足の震えです。手を動かさず安静にしているときに、手足に震えが見られる場合は、パーキンソン病の疑いがあります。

  • 手足のこわばり

    手足の筋肉が硬くこわばり、普段通りに動かすことが難しくなります。体の力をうまく抜くことが出来ず、動き方が不自然になります。

  • 姿勢反射

    体のバランスを保てなくなり姿勢を変えるときの反射が鈍くなります。歩いている最中にスピードが速くなったり、方向転換が困難になります。転ばないようにしようとして歩行が小刻みになります。

  • 無動、寡動

    運動的な症状がないにもかかわらず、日常生活の動作が遅くなります。行動が少なくなり、筋力が低下してますます活動しなくなるという悪循環に陥ります。排泄や着替えといった日常生活に必要なことが自分でできなくなり、介護が必要になります。

  • 認知機能障害

    色々な刺激に鈍くなり、判断力や記憶力が低下したりします。認知症とよく似た状態がでることがあります。

  • 自律神経症状

    自律神経が乱れ、「便秘」「排尿障害」「発汗異常」などを引き起こします。

  • 精神症状

    うつ病を発症したり、幻覚や妄想が現れたりすることがあります。

  • 睡眠障害

    神経伝達物質の分泌にも影響が及び、不眠症になることがあります。浅い眠りが続き、睡眠中に異常行動が現れます。

 

水素水のパーキンソン病への効果

パーキンソン病の治療には、基本治療薬L-ドーパ製剤やパーロデルとペルマックスなどといったドーパミンアゴニストによる薬物療法、外科的手術療法、運動療法が行われています。

パーキンソン病の原因のひとつである活性酸素は、脳に存在しますので今までは簡単に取り除くことが出来ませんでした。
また、脳に生じた活性酸素は、ビタミンやポリフェノールなどの抗酸化食材では除去できません。
しかし、水素は、宇宙で一番小さな物質ですから、脳まで到達できるのです。

水素は強力な抗酸化力を持ち、脳フィルター(脳関門)通過できるため、パーキンソン病の治療及び予防に効果があるといわれています

一般的なパーキンソン病の薬は副作用がありますが、「水素」は体に対して安全で、副作用がない事ため安全です。

水素水の安全性
水素の安全性

水素水は、たくさん飲んでも安全なのでしょうか? また、水素は危険なイメージがありますが、水素水生成器や水素ガス吸引機の安全性は大丈夫のなのでしょうか? オリンピック選手やプロスポーツ選手、芸能人も使用 ...

続きを見る

さらに、血管を通して水素は運ばれますが、血管さえも通り抜けるため、骨や関節などにも良い影響を与えます。

 

水素の抗酸化作用 水素水で体をサビから守る
水素の抗酸化作用は本当にすごい

水素や水素水が体の中の活性酸素を浄化する働きがありますが、この浄化作用は抗酸化作用でもあります。 ビタミンやポリフェノールなどの食品も抗酸化作用があるのですが、水素の持つ抗酸化作用は他に類を見ない素晴 ...

続きを見る

パーキンソン病の治療に水素が利用されています

パーキンソン病に対する水素療法のパイロット試験

学術雑誌名:Movement Disorders, Vol. 28, No.6, 836(2013).

表題:Pilot Study of H2 Therapy in Parkinson’s Disease: A randomized Double-Blind Placebo-Controlled Trial(パーキンソン病に対する水素療法のパイロット試験) 著者:A.Yoritake et al(順天堂大医学部)

概要:パーキンソン病の進行に酸化ストレスが関与していることが知られており、これまでに各種のモデル動物試験において水素飲水が病状の悪化を抑制することが多く報告されている。本試験においてはL-dopa治療を受けている男女患者(平均年齢:約62歳)17人を対象に水素水飲水群9人(溶存水素濃度:0.8mM,1000ml/日)とプラセボ群8人にわけて無作為化並行群間試験法により試験を実施した。臨床評価はUPDRSスコア法に依った。患者は少人数のパイロット試験ではあったがスコアの減少度において両者間には有意な差が認められ水素飲水が動物実験で得られた結果と同じように病状の進行を抑制する有効な作用があることが認められた。

水素水飲水と間欠的な水素ガス吸引によって、ハイドロキシイドロキシドーパミンで誘導したラットのパーキンソン病を予防する

学術雑誌名:Medical Gas Research 2012, 2:15 doi:10.1186/2045-9912-2-15

表題:Drinking hydrogen water and intermittent hydrogen gas exposure, but not lactulose or continuous hydrogen gas exposure, prevent 6-hydorxydopamine-induced Parkinson’s disease in rats(水素水飲水と間欠的な水素ガス吸引によって、ただし、ラクツロース摂取および連続吸引はしない、6-ハイドロキシイドロキシドーパミンで誘導したラットのパーキンソン病を予防する)

著者:M. Ito et al(名古屋大学)

概要 合成2糖のラクツロースは腸内細菌に働いて腸内水素ガス産生を促進する。著者らはすでに水素水飲水によりラットパーキンソン病が予防されることを報告している。今回、健常成人、パーキンソン患者、及びラットにおいてラクツロースによる水素ガス産生効果を比較検討し上昇効果を認めた。水素水飲水によって呼気中の水素濃度は上昇した。ラクツロース摂取によっても呼気中の水素ガスは一過性に上昇したが6-ハイドロキシドーパミンによるパーキンソン病の予防効果は限られていた。水素の濃度依存性はないが水素水と間欠的な水素ガス吸引によって好ましい予防効果が得られた。この結果は水素が情報伝達系の修飾効果を介して疾患予防効果を発揮していることを示唆している

分子水素は神経変性疾患などの疾患の新たな治療用医療ガス

学術雑誌名:Oxid. Med. Cell. Longev. 2012;2012:353152. Epub 2012 Jun 8.

表題:Molecular hydrogen as an emerging therapeutic medical gas for neurodegenerative and other diseases(分子水素は神経変性疾患などの疾患の新たな治療用医療ガス) 著者:K.Ohno et al(名古屋大学医学部)

概要:分子水素の種々の疾患に対する効果に関してここ4年半で63の疾患モデル動物およびヒトの臨床試験が報告されてきた。この中で、ネズミを用いた2つのパーキンソン病モデルと3つのアルツハイマー病モデルに関する報告を含めて新生児脳低酸素症、パーキンソン病、脊髄や心、肺、腎、腸などの虚血再環流を含む酸化ストレスに起因する疾患に対して著効が認められている。今日まで6つのヒト臨床試験として2型糖尿病、メタボリック症候群、血液透析、炎症およびミトコンドリア神経症、脳幹梗塞、放射線治療の副作用に対する効果が検討されてきた。しかしながら、これらの効果には2つの未解決の課題がある。1つは効果に濃度依存性が見られず、ネズミでもヒトでも低用量の水素で顕著な効果があることである。2つ目はヒトでもネズミでも小腸の細菌が大量の水素を生成しているにもかかわらず少量の水素を投与することにより明らかな効果が出ることである。このような水素の有用な作用を分子レベルで解明する研究が必要であり、それぞれのヒト疾患で最適投与間隔、投与量、投与方法に関しても決定することが今後の課題である。

水素水でパーキンソン病の予防と改善のまとめ

水素を使ったパーキンソン病の治療は実験段階から本格的な医療手段になってきました。

水素吸引療法 厚生労働省
水素ガス吸入の先進医療認可となりました

水素ガスの医療での利用 2016年12月9日に「水素ガス吸入療法」が厚生労働省の先進医療Bとして認可されました。 先進医療とは、高度な医療技術を用いた治療のうち、厚生労働大臣から承認を受けたものを指し ...

続きを見る

特に順天堂大学病院の臨床試験では、パーキンソン病に対して高い効果が実証されています

脳に溜まった活性酸素がドーパミンの生成能力を低下させている事がパーキンソン病の大きな要因ですので、その活性酸素を除去できればいいのです。

水素は、脳関門を通り抜けることができる唯一の抗酸化物質です

パーキンソン病の予防、改善に自宅で手軽に水素水を飲める装置があると便利です。

My神透水-ジェット MYshintousui-JET 水素水生成器 水素ガス生成器 水素ガス吸入
水素水と水素ガス吸入のどちらもできる装置

水素水の飲用と水素ガスの吸入のどちらもできる機器であれば便利です。 落ち着いて時間がある時には、水素ガス吸入、普段は水素水を飲用すれば、ダブルの効果ですね。 水素生成装置は、使用する場面を想定して、サ ...

続きを見る

水素水生成ボトル人気ランキング(水素生成器)

水素生成ボトルというのをご存知でしょうか? 500mlのペットボトルほどの大きさですが、水素水を手軽に作れる便利な装置です。 自分専用の水素水生成器としての利用や、外出先でも手軽に新鮮な水素水が作って ...

続きを見る

水素水生成サーバー 
水素水生成サーバー人気ランキング(水素生成器)

水素生成サーバーという便利なものがあります。 最近、流行っているウォーターサーバーのようなものですが、水ではなく水素水が蛇口から出てきます。 家族みんなで水素水を飲んだり、会社の事務所で水の代わりに水 ...

続きを見る

『水素と認知機能』

 

-医療, 水素ガス, 水素水, 活性酸素

Copyright© 水素でアンチエイジング , 2020 All Rights Reserved.