水素で糖尿病予防

https://suiso.sugonavi.com

水素水の糖尿病の予防と改善させる

水素水が糖尿病治療に効果があるという事はいくつかの臨床実験で報告されています。

厚生労働省の発表では、平成29年の糖尿病患者は329万人に達しており、「糖尿病が強く疑われている者」と「糖尿病の可能性を否定できない者」の合計は、2000万人と言われています。

水素が糖尿病に対してどのような働きをするのかを理解しましょう。

糖尿病とは?

生活習慣病のひとつである「糖尿病」は、70歳以上で4人に1人、女性では6人に1人がかかっている病気です。

飲みすぎや食べすぎ、運動不足が原因と言われていますが、最も大きな原因と考えられているのは、糖代謝異常です。

糖尿病は自覚症状がなく痛みもないため、早期発見が難しい病気ですが、健康診断の数値で異常が見られたら対処をお勧めします。
糖尿病そのものも怖い病気ですが、合併症を引き起こす事が多いため多臓器不全になってしまいます

  • 1型糖尿病
    すい臓がウイルスなどの原因でインスリンが分泌ができない、もしくは少ないために生じる糖尿病。子どもや若い世代に多くみられる。
  • 2型糖尿病
     遺伝的に日本人はインスリンの分泌が弱い人が多く、その体質に過食や運動不足、肥満、ストレスなどの要因が加わり、インスリンの分泌量が減ったり、働きが低下することによって生じる糖尿病。糖尿病の95%がこのタイプで、主に中高年に多く、若年層も増加している。
  • その他
    遺伝子の異常やほかの病気、薬などが原因で起こる糖尿病や、妊娠をきっかけに起こる糖代謝異常の妊娠糖尿病があります。

糖尿病治療に、血糖値のコントロールが重要となります。

一般的には、すい臓のβ細胞を刺激してインスリンの分泌を促したり、インスリンを注射などです。
しかし近年は、すい臓のβ細胞の機能不全(糖代謝の異常)を改善する根本的な治療へ変わってきています。

水素水が糖尿病に効果がある理由

水素水

2008~2010年頃から水素水による糖尿病の発症予防や症状を改善する効果が報告され始めました。
それがきっかけとなり水素水による糖尿病の治療にが注目されるようになっています。

ポイント

すい臓のβ細胞は活性酸素に弱い性質があります。

体内で発生した活性酸素は、すい臓のβ細胞を傷つけ、血糖値を下げるインスリンの分泌量を低下させてしまいます。

ミトコンドリアが、活性酸素により弱まってしまいブドウ糖を取り込む働きが低下して糖尿病が進行してしまうのです。

水素水を飲む事で水素が、体内の活性酸素を除去するため、すい臓が受けるダメージを軽減させβ細胞を保護しするのです。
また、ミトコンドリアの働きを向上させることで血糖値が下がり、糖尿病の予防や糖尿病が引き起こす合併症を防ぎます。

ポイント

β細胞を守る事でインシュリン分泌を安定化させる

水素でミトコンドリアを元気にする
水素でミトコンドリアを元気にする

ミトコンドリアをご存知でしょうか? ミトコンドリアは、細胞の中に含まれ有機物質からエネルギーを取り出す働きをする小器官です。 人間が生きていくためのエネルギーを作っているのがミトコンドリアで、老化や健 ...

続きを見る

水素水が糖尿病を改善させる報告

水素水が糖尿病の予防や改善に大きく効果がある論文や学術文献です。

学術雑誌名:Cytotechnology, DOI 10.1007/s10616-9317-6(published 10 Nov. 2010)

表題:Suppresive effects of electrolyzed reduced water on alloxan-induced apoptosis and type 1 diabetes mellitus(アロキサンで発症するアポトシスと1型糖尿病に対する電気還元水の抑制作用)

著者:Y. Li et al(九州大学他)

概要:電気還元水は活性酸素産物(ROS)の消去作用を介して糖尿病等の多くの疾患に対して改善作用があることが知られている。アロキサンはROSを産生してインスリン産生細胞に不可逆的に酸化障害を与え実験動物において1型糖尿病を惹起する。電気還元水はすい臓β細胞のDNA傷害を防ぎマウスに投与すると1型糖尿病の血糖値を下げる。これらの作用は電気還元水がROS産生を改善して膵β細胞のアポトーシス(細胞自然死)を防ぎ、その結果1型糖尿病の発症を抑えることを示唆している。

 

学術雑誌名:Nutrition Research,28(2008)p137~143

表題:Supplementation of hydrogen-rich water improves lipid and glucose metabolism in patients with type 2 diabetes or impaired glucose tolerance (訳:水素豊富水投与により2型糖尿病患者の脂質、糖代謝の改善、または耐糖能が改善)

著者:梶山静夫他(梶山内科クリニック、京都府立医大、他)

概要:酸化ストレスは糖尿病、高血圧症、動脈硬化症等多くの疾患の原因となる事が広く認められている。本研究では2型糖尿病或いは耐糖能異常を有する患者の脂質及びブドウ糖の代謝に対する水素豊富水の効果を臨床的に検討した。

 

学術雑誌名:医学と生物学、No.11, P1~9 (2006)

表題:Anti-oxidation Effect and Anti -Type 2 Diabetic Effect in Active Hydrogen Water (水素水の抗酸化作用および2型糖尿病に対する効果)

著者:具然和 他 ( 鈴鹿医療科学大学大学院保健衛生学研究科、Hi-tech 研究所 )

概要:2型糖尿病のモデルマウスである、KK-AYと正常マウスを用いて、水素豊富水と水素を含まない水道水とで、発症予防及び軽減作用を比較検討した。 3ヶ月間の連続投与により、水素豊富水には抗酸化作用及び、血糖値の低下作用が認められ、2型糖尿病の発症を軽減することが示唆された。

 

学術雑誌名:Animal Cell Technology: Basic & Applied Aspects, Volume15, 279-285 (2008)

表題:”Nordenau Phenomenon” – Application of Natural Reduced Water to Theraphy”

著者:Z. Gadek, T. Hamasaki and S. Shirahata (Nordenau医学研究所及び九州大学)

目的:ドイツ・ノルデナウの泉水は、水素を多く含む天然の還元水として、ヨーロッパ及び世界から、当地に逗留して種々の病気の治療に供されている。 逗留する糖尿病患者に飲水により、血中活性酸素種(ROS)及び、糖尿病の臨床マーカー(血糖値、 HbA1c, コレステロール、HDL(善玉コレステロール)、LDL(悪玉コレステロール)等)に対する作用を検討する。

結果:主として2型糖尿病患者を対象に、1日2リットルの泉水を与え、逗留前後の上記マーカーの変動を調べた。 その結果、96患者中76.6%でROSが有意に減少した。 糖尿病マーカーでは、45%の患者で血糖値、HbA1cが取り分け顕著に減少し、そのほかにも、コレステロール(総コレステロール、LDL(悪玉コレステロール)、HDL(善玉コレステロール))及びクレアチニン等の改善が認められ、動脈硬化、循環器疾患等への応用が示唆された。

総括:ノルデナウ泉水は、1日2リットルの飲水で活性酸素種を減少させる抗酸化作用とあわせて、2型糖尿病に対する改善効果、循環器系への有用性があることが認められ、この作用はアルカリ還元水(水素豊富水)と同様の作用であった。

 

学術雑誌名:Biol. Pharm. Bull., 30(2) 234-236(2007)

表題:Preservative Effect of Electrolyzed Reduced Water on Pancreatic β-Cell Mass in Diabetic db/db Mice (糖尿病db/dbマウス膵β細胞容積に対する電気還元水の保存効果) 著者:Mi-Kim et al. (同徳女子大学肥満管理科、韓国他)

概要:糖尿病では、酸化ストレスにより膵β細胞の機能低下が起こる。 活性酸素種(ROS)の増加と、抗酸化防御能の低下に伴い、糖尿病の酸化ストレスは増大する。 従って、ROS消去能を有する電気還元水は、酸化ストレス状態にある糖尿病モデルマウスに対して潜在的効果が期待できる。 本報では遺伝的糖尿病マウスC57BL/6J-db/dbに対する抗糖尿病効果を検討した結果、電気還元水は血糖値低下作用、血中インスリン濃度上昇作用、耐糖能の改善作用、膵β細胞容積の保持作用等が認められた。 これらの結果は、電気還元水がβ-細胞の障害を保護し、抗糖尿病剤として有用であることを示唆している。

 

学術雑誌名:Life Science, 79(2006), 2288-2292

表題:Anti-diabetic effects of electrolyzed reduced water in streptozotocin-induced and genetic diabetic mice

著者:Mi-ja Kim, Hye Kyung Kim Dongduk (Women’s University, South Korea)

目的:糖尿病に於いて明らかにされた酸化ストレスによる膵β細胞の機能障害に対して電解還元水の効果を検討する。 方法:遺伝的糖尿病マウスc57BL/6J-db/dbを1型糖尿病マウスもデルとして、ストレプトゾトシン誘導糖尿病マウスをインスリン抵抗性2型糖尿病モデルとして用いて、電解還元水の抗糖尿病作用を検討した。

概要:電解還元水飲水により、両マウスとも有意な血糖値の低下と、耐糖能の改善が認められた。 しかしながら遺伝的糖尿病マウスでは、インスリンレベルは顕著に上昇したが、ストレプトゾトシン糖尿病マウスではその作用はなかった。 この改善効果は、イン スリンの放出が増加すると同時に、インスリン感受性が上昇して血糖値が制御されたものと推察された。 これらの結果は、電解還元水が抗糖尿病剤としての有用性 を支持するものであろう。

 

水素水が糖尿病を予防と改善させるまとめ

水素水で糖尿病治療や予防ができるという研究は世界中で行われています。

そして、発表されている結果では一定の効果が証明されています。

水素が持つ抗酸化作用が「すい臓」と「β細胞」の活性酸素を除去してくれることが糖尿病予防と症状改善につながっているのです。

水素の抗酸化作用 水素水で体をサビから守る
水素の抗酸化作用は本当にすごい

水素や水素水が体の中の活性酸素を浄化する働きがありますが、この浄化作用は抗酸化作用でもあります。 ビタミンやポリフェノールなどの食品も抗酸化作用があるのですが、水素の持つ抗酸化作用は他に類を見ない素晴 ...

続きを見る

普段飲む「水」を「水素水」に替える手軽な生活スタイルの改善で糖尿病の予防と改善ができるのであれば手軽ですね。

手軽に水素水を飲むなら、水素水生成ポットが便利です。
装置を購入すれば、ランニングコストは電気代だけという装置もあります。

水素水生成ボトル人気ランキング(水素生成器)

水素生成ボトルというのをご存知でしょうか? 500mlのペットボトルほどの大きさですが、水素水を手軽に作れる便利な装置です。 自分専用の水素水生成器としての利用や、外出先でも手軽に新鮮な水素水が作って ...

続きを見る

My神透水-ジェット MYshintousui-JET 水素水生成器 水素ガス生成器 水素ガス吸入
水素水と水素ガス吸入のどちらもできる装置

水素水の飲用と水素ガスの吸入のどちらもできる機器であれば便利です。 落ち着いて時間がある時には、水素ガス吸入、普段は水素水を飲用すれば、ダブルの効果ですね。 水素生成装置は、使用する場面を想定して、サ ...

続きを見る

『水素と糖尿病』

-医療, 水素ガス, 水素水, 活性酸素

Copyright© 水素でアンチエイジング , 2020 All Rights Reserved.