水素水

水素水の飲み方

水素の効果的な飲み方

水素水の飲み方に関して質問を受けることがありますので、ポイントをまとめます。 いいタイミングで水素水を飲む事で、効果倍増を狙いましょう。 水素を飲むタイミングは? 水素水生成器を購入して、水素水自体は飲みたい時にいつでも飲めますが、どのタイミングで飲めばよいのか疑問を持たれている人がいらっしょると思います。 好きな時に、好きなだけ飲んでも問題ないのですが、より効果的な飲み方は・・・ 活性酸素が発生する時に合わせて飲むのが特に効果的です。 運動をするの前と後 お酒を飲む前 二日酔いを感じた時 睡眠不足の時 ...

水素水で白髪予報

水素水は白髪の予防と回復に効果がある?

水素水で白髪の予防と回復できると言われていますが、ではなぜ白髪は出来るのでしょう? 水素水や水素風呂で予防や改善を行う前に、白髪になる流れを考えてみましょう。 毛染め剤(ヘアカラー)が体に合わない方や、白髪の根本的な原因を改善したい方に効果的な方法です。 水素は、白髪に直接作用するのではなく、白髪の原因となる活性酸素を除去する効果がありますので、白髪以外の悪玉活性酸素により引き起こされる体の異常も改善する事が出来ます。 白髪はなぜできる? 40代~50代くらいになると白髪が気になり始めます。 人によっては ...

水素吸引療法 厚生労働省

水素ガス吸入の先進医療認可となりました

水素ガスの医療での利用 2016年12月9日に「水素ガス吸入療法」が厚生労働省の先進医療Bとして認可されました。 先進医療とは、高度な医療技術を用いた治療のうち、厚生労働大臣から承認を受けたものを指しています。 1.患者の安全性の確保 2.患者の経済的な負担の軽減 3.治療の選択肢の拡大 4.治療の利便性の向上 などの観点から、保険診療との「併用」を認められています。 先進医療は保険診療外の医療行為に該当し、公的医療保険の適用にならないため、利用した場合の治療費(技術料)は全額自己負担となってしまいます。 ...

春山茂雄 水素水 My神透水ボトル

脳内革命の春山茂雄先生の推薦する水素水生成器

若さの秘訣の1つは水素 600万部のベストセラーの著者「春山茂雄」先生も水素水を生活に取り入れられています。 その春山先生が推薦している水素水生成装置が、MyshintousuiBottle-Qなのです。 年齢70代、体内年齢20代と言われた先生ですが、その秘密は水素水も要因の1つだったのです。 春山茂雄先生プロフィール 1940年1月生まれ。1966年東京大学を卒業。 1961年東京大学より博士の学位を授与される。 東京都教職員相互会三楽病院勤務(10年)。 2008年2月に春山クリニックを川崎市宮前区 ...

水素水基準表

水素水の単位PPBやPPMって何?

水素水の濃度に関して説明 市販されている水素水や、水素水生成器の能力を確認する時に、ppmとかppbと言う単位を目にします。 ppmとかppbと割れてもピンとこないので、実際はどのようなものか簡単にまとめました。 ppm(parts per million)は、含まれている量が100万分の1で、1ppmとなります。 ppb(parts per billion )は、含まれている量が10億分の1で、1ppbとなります。 1ppm=1000ppbという事ですね。 日本水素水振興協会が認定している水素の量 日本 ...

jリーグと水素水

水素水と筋肉疲労の関係

筑波大学研究チームの水素研究 筑波大学の研究チームは、現役サッカー選手10人を対象に試合前に水素水を飲んだ場合の筋肉疲労などについて血液検査などの臨床試験を行いましたので、その結果についてまとめています。 短時間の激しい運動中の筋肉の収縮は酸化ストレスを引き起こし、それが疲労の増加を含む過トレーニング症状の発生に関与し、筋肉の微小損傷または炎症を引き起こします。最近、水素は抗酸化物質として機能すると言われているため、急性運動に反応した酸化ストレスと筋肉疲労に対する水素リッチ水(HW)の効果を調査しました。 ...

活性酸素でダイエット

水素で生活習慣病の予防を

水素で病気を予防する 水素の抗酸化作用で、病気や老化を予防したり改善できることが証明されてきました。 また、活性酸素が生活習慣病を含めた多くの病気が引き起こされる原因であることも分かっており、水素に関しての研究は日々進んでいるようです。 個人がすぐにできるのは、日々の生活で水素水を飲む事が最も簡単です、 活性酸素が原因とされる病気 活性酸素による病気 心筋梗塞 糖尿病 リウマチ 各種肝炎 肝硬変 パーキンソン病 高血圧 痛風 各種癌 アトピー 活性酸素が原因とされる老化 しみ しわ 肌荒れ たるみ 白髪 ...

ビタミンは体に必要

ビタミンの取り過ぎには注意!

ビタミンの体の中での役割 代表的なサプリメントとして「ビタミン」というのは誰でも目にしたことがあると思います。 ビタミンは、体に入り抗酸化に必要とされるだけではなく、体の色々なところで利用されます。 糖や脂肪は、直接的にエネルギーとなり体を動かしますが、ビタミンはエネルギーでなく、体が行う様々な動きを補助する役割があるのです。 自動車で例えるなら、エンジンオイルや潤滑油のようなものです。 野菜などもきちんと取り込んだバランスの良い食生活で自然とビタミンは体に入りますが、サプリメントでビタミンを補給している ...

Copyright© 水素でアンチエイジング , 2022 All Rights Reserved.