水素の抗酸化作用 水素水で体をサビから守る

https://suiso.sugonavi.com

水素の抗酸化作用は本当にすごい

水素や水素水が体の中の活性酸素を浄化する働きがありますが、この浄化作用は抗酸化作用でもあります。

ビタミンやポリフェノールなどの食品も抗酸化作用があるのですが、水素の持つ抗酸化作用は他に類を見ない素晴らしい力を持っています。

「抗酸化作用」とは何かを理解して、水素の効果を理解しましょう。

抗酸化物質とは?

抗酸化物質とは、実は酸化されやすい物質なのです。
体の細胞が酸化する前に抗酸化物質が酸化する事で体を守る事が出来ます

ポイント

抗酸化物質が優先的に酸化されるので体をサビさせない

体の老化は体内の酸化(サビ)により進行します。
なぜ体がサビるかと言えば、体が外部からのウィルスなどの防御のために活性酸素を出すからです。

体内で生成される活性酸素4つの中で、悪玉活性酸素と言われているのが「ヒドロキシラジカル」です。

このヒドロキシラジカル以外の活性酸素は何らかの形で体に良い作用しているのですが、「ヒドロキシラジカル」は、細胞を傷つけたり破壊して色々な病気の原因となっています

水素水で改善が’見られる疾患
水素で改善がみられる疾患

体の中に発生する活性酸素を水素が結合する事によって水に変化させ除去します。 活性酸素が原因とされる色々な病気(疾患)がありますが、対象とされる病気を予防する事で合併症を含めたくさんの病気を予防、改善で ...

続きを見る

良く知られている抗酸化物質

ビタミンは体に必要

ビタミンA

レチノールやカロテンなど体内でビタミンAとして働く物質の全体の総称です。
緑黄色野菜に含まれるβ-カロテンは抗酸化力が強いです。β-カロテンは体内で必要に応じてビタミンAに変わります。

 

 

ビタミンC

ビタミンCは食品からの摂取では吸収率は良いですが、一度に大量に摂取しても余った分は尿から排泄されてしまいます。
体の中で作り出せないので、外部からの摂取が必要です。

野菜や果物に多く含まれているので、毎日野菜を食べることが重要です。

 

ビタミンE

ビタミンEは抗酸化作用が強く、細胞膜のリン脂質の酸化を防ぎ、リン脂質が酸化してできる過酸化脂質の発生を抑えてくれます
過酸化脂質は細胞を傷つけて老化させ、さまざまな病気を引き起こします。

ナッツ類に多く含まれており、昨今のナッツ類が体に良いと言われているのはこれが理由です。

 

コエンザイム

ビタミンと同様の働きをして、ビタミンを助ける成分です。
強い抗酸化力がり、アンチエイジングの効果が期待できます。

魚介では「いわし」や「サバ’」、肉類では「牛肉」や「豚肉」に多く含まれています。

 

フラボノイド系ポリフェノール

スーパーオキシドや一重項酸素を無毒化する作用があります。
しかし、一重項酸素は活性酸素としては必要でもありますので、下記の食品の取り過ぎには注意が必要です

  • アントシアニン(赤ワイン)
  • イソフラボン(大豆)
  • ケルセチン(玉ねぎ)
  • カテキン(緑茶)
  • テアフラビン(紅茶)
  • セサミン(ごま)

 

非フラボノイド系ポリフェノール

スーパーオキシドや一重項酸素を無毒化する作用があります。
しかし、一重項酸素は活性酸素としては必要でもありますので、下記の食品の取り過ぎには注意が必要です。

  • クルクミン(ウコン)
  • クロロゲン酸(コーヒー)

 

イオウ化合物

体内から発生する活性酸素の中で毒性が強いヒドロキシラジカル(悪玉活性酸素)も除去します。

  • アリシン(にんにく)
  • イソアリシン(ネギ類)

 

カロテノイド

スーパーオキシドやヒドロキシラジカル(悪玉活性酸素)も除去します。

  • α-カロテン(人参の葉、黄ピーマンなど緑黄色野菜)
  • β-カロテン(人参、ほうれん草、小松菜など緑黄色野菜)
  • β-クリプトキサンチン(温州みかん、パプリカ、柿など)

 

水素の抗酸化作用の強さ

 

ビタミン系やポリフェノールなど食品から摂取できる抗酸化物質は数多くあります。

しかし、熱を加えた方が甲が高いとか、熱を加えると効果が減る、何かと一緒に食べると効果的などと難しいですよね。

水素は、水素水として水の代わりに飲めばいいだけなのです。

そして、水素の抗酸化作用は他の抗酸化物質に比べてその効果が特別なのです。

水素の他の抗酸化物質に比べた抗酸化作用

  • ビタミンCの178倍
  • ビタミンEの431倍
  • ポリフェノールの221倍
  • カテキンの290倍
  • コエンザイムの290倍

 

水素の抗酸化作用は、他と比べと何百倍もの効果があります。

更に、体内で発生する活性酸素の中で、悪玉活性酸素と言われる「ヒドロキシラジカル」だけを浄化して、他の善玉活性酸素には影響を及ぼさない優れた機能なのです。

ポイント

悪玉活性酸素だけを除去する唯一の抗酸化物質

活性酸素と病気の関係
悪玉活性酸素と病気

悪玉活性酸素は、水素水(水素)との結合で水に変わり浄化できます。 では、活性酸素が原因で引きおこる病気は、そのようなものがあるのでしょうか。 最近の研究や臨床では、水素による成果もたくさん発表されてい ...

続きを見る

ビタミンやポリフェノール、カテキン、コエンザイムなどの抗酸化物質は、善玉活性酸素と悪玉活性酸素の区別なく除去してしまいます。

もっと言えば、善玉活性酸素は除去できても、悪玉活性酸素は除去できないものばかりです。

水素の抗酸化作用のまとめ

水素の抗酸化作用は、活性酸素と呼ばれる体内で生成される「一重項酸素」「超酸化物スーパーオキシド」「過酸化水素」「ヒドロキシラジカル」の4つの中から、悪玉活性酸素とされる超毒素の強い「ヒドロシキラジカル」だけを浄化します

この性質から、医療の中でも水素や水素水を使った取り組みが行われています。

また、プロスポーツ選手が体のメンテナンスの1つとして水素を取り入れているのも水素の優れた能力と体に対して無害だからです。

水素水の安全性
水素の安全性

水素水は、たくさん飲んでも安全なのでしょうか? また、水素は危険なイメージがありますが、水素水生成器や水素ガス吸引機の安全性は大丈夫のなのでしょうか? オリンピック選手やプロスポーツ選手、芸能人も使用 ...

続きを見る

jリーグと水素水
水素水と筋肉疲労の関係

筑波大学研究チームの水素研究 筑波大学の研究チームは、現役サッカー選手10人を対象に試合前に水素水を飲んだ場合の筋肉疲労などについて血液検査などの臨床試験を行いましたので、その結果についてまとめていま ...

続きを見る

水素の性質を理解すると、病気の予防や健康維持のために水素を生活に取り入れたくなります。

手軽に水素か体に取り入れのであれば、「水素水」で水分補給をするのが簡単です。

水素水生成ボトル人気ランキング(水素生成器)

水素生成ボトルというのをご存知でしょうか? 500mlのペットボトルほどの大きさですが、水素水を手軽に作れる便利な装置です。 自分専用の水素水生成器としての利用や、外出先でも手軽に新鮮な水素水が作って ...

続きを見る

水素水生成サーバー 
水素水生成サーバー人気ランキング(水素生成器)

水素生成サーバーという便利なものがあります。 最近、流行っているウォーターサーバーのようなものですが、水ではなく水素水が蛇口から出てきます。 家族みんなで水素水を飲んだり、会社の事務所で水の代わりに水 ...

続きを見る

-スポーツ, ビタミン, 水素ガス, 水素水, 活性酸素

Copyright© 水素でアンチエイジング , 2020 All Rights Reserved.